Netlify CMSとGitHubを連携し、Content Managerへアクセスする

GitHubのOAuth認証設定

  1. GitHubで、アカウントの[Settings]に移動し、[Developer settings][OAuth Apps]を選択する
    URL:https://github.com/settings/developers
  2. New OAuth Appから新しいアプリケーションを登録
  3. Authorization callback URLにhttps://api.netlify.com/auth/doneを設定します。他の項目は適当に入力してください。

Register a new OAuth application

Register applicationを最後に押すと、アプリケーションが登録されます。
するとClient IDが表示されます。

Setting a new OAuth application

Client secretsがまだ生成されていないので、Generate a new secretから秘密鍵を生成します。
これは忘れないようメモしてください。Netlifyの設定に必要です。
Generate client secret

Netlifyの設定

  1. Site settings→Access controlにアクセスします
  2. OAuthの項目がありますので、Install providerをクリックし先程確認・生成したClient IDとClient secretを入力して保存します。

Netlify CMSの設定

config.ymlファイルに下記の行を追加します。

backend:
  name: github
  repo: owner-name/repo-name # Path to your GitHub repository
  # optional, defaults to master
  # branch: main

main(master)にPushし、Deployされるのを少し待つ。
その後、管理画面ログイン(owersite/admin/)にて認証画面が表示されるのでGitHub認証する。

お疲れ様でした。これでContent Managerから記事の投稿ができるようになります。